凱旋門賞に関するお役立ちサイト

世界一の栄冠を手にすることを夢見る

世界一美しい競馬場で開催される、世界中が注目するレースと言えば凱旋門賞です。競馬界のトップが競い合うその舞台で活躍し、世界一の栄冠を手に入れることを夢見て、日本から旅だっていった名馬や騎手たちが多くいます。

 

そのような日本競馬界の勇者たちを簡単にご紹介させていただきます。今だ記憶に新しいのは、2012年に日本馬のオルフェーヴル(牡4歳)が2着で入賞した名レースです。騎手にはC・スミヨンを迎え、見事な走りによって世界中にその存在感をアピールすることに成功しました。

 

オルフェーヴルはスタートでやや後手を踏んでしまいましたが、長い直線においては集団を抜き去っていき、残り300メートルで完全に先頭にたちました。

 

このまま独走態勢が続くと思われた矢先のこと、外側からじりじりと迫っていたソレミア(牝4歳)にかわされてしまい、惜しくも2着でゴールインという結果になりました。

 

オルフェーヴルの活躍から遡ること13年前、凱旋門賞にて初めて日本馬が活躍したと言っても過言では無い名レースを繰り広げたのが、蛯名正義騎手が騎乗したエルコンドルパサー(牡4歳)です。

 

このエルコンドルパサーは1999年の凱旋門賞で2着に入賞し、日本競馬を世界へとアピールしたのです。

 

2010年になると蛯名正義騎手の騎乗するナカヤマフェスタが、わずか頭差及ばず2着となっています。

 

このようにオルフェーヴルが活躍する前には、こうした名馬たちの熱いレースが繰り広げられていたのです。こうした名馬たちに先駆けて、日本で初めて凱旋門賞に日本馬が遠征を果たしたのは、1969年のことです。

 

スピードシンボリが初めての日本遠征馬となりました。その時代は、日本が凱旋門賞を制覇するなど100年は無理だろうと言われていた時代です。それからというもの、日本の競馬界が飛躍的に成長していることは言うまでもありません。

 

インターネットのクチコミサイトや情報サイトを利用することで凱旋門賞情報を簡単に見つけることが出来ます。
凱旋門賞の基礎的な知識は非常に大切ですので、まずはネットで勉強をしましょう。

 

大袈裟なことではありませんが、今の世の中凱旋門賞 ブックメーカーについては簡単に調べることが出来ます。
もし気になっているのでしたら凱旋門賞の専門サイトなどをご参考にしてみてください。

 

インターネットをもし凱旋門賞 オッズのことを調べているのでしたら有効活用しましょう。
多数凱旋門賞のクチコミ情報も見ることが出来ますので、きっと参考になることでしょう。

 

意外と理解しているようで知らないのが凱旋門賞に関することで、正確な情報をまず最初に集める必要があります。
インターネットを参考にしてパソコンや携帯電話などで凱旋門賞の情報収集をしてみてください。

 

凱旋門賞 ブックメーカーに関する多少なりともある程度の知識というのを貴方は持っているでしょうか?
インターネットで凱旋門賞の情報サイトやクチコミサイトをきちんとチェックして納得の凱旋門賞情報を探すようにしましょう。